アールシーレンタカー

商用車・特殊車両の損保代車レンタカーなら「アールシーレンタカー」 – アールシーレンタカーは損保・事故代車専門のレンタカー会社です。商用車・冷凍車・特殊車両などご利用者様のニーズに合った様々な車種をご用意しています。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

商用車・特殊車両の損保代車レンタカーは「アールシーレンタカー」にお任せ下さい。ご利用者様の様々なニーズに対応した車種をご用意しております。代車の受付から納車までのスピードは業界トップレベルです。365日専門スタッフが対応。お気軽にどうぞ。

運転をしているときに事故を起こすと大変なことになってしまいます。事故の内容にもよりますが、車両自体が破損している可能性もあるので、そのような場合は修理に出さないといけません。普通の乗用車であれば簡単にレンタカーのサービスを利用して代車を用意できますが、アームロール車やパッカー車を運転しているときに事故に遭遇すると代車を用意するのが難しくなってしまいます。アームロール車は荷台コンテナを自由自在に脱着することができるので、土砂や建築資材を運搬する仕事をするときに使用されるケースが多いです。特殊車両に該当するので料金も高いので事故を起こしたからといって、簡単に新しい車両を導入するのは難しいと考えられます。アームロール車を損保代車としてレンタルさせてくれる会社はそこまで多くありせんが、日本にも存在するのでそのような所でサポートを受ければ安心できます。パッカー車も特殊車両となり、ゴミを収集するときや資源回収をするときに活躍する車両になりますが、事故に遭遇したときに簡単にレンタカーを用意できない特徴があります。しかしパッカー車もレンタカーを用意してくれる会社はあるので、そのような所を探してサポートを受ければ、仕事を続けることが可能です。特殊車両を使用して業務中に事故を起こすのも大変ですが、福祉車両で事故を起こした場合もレンタカーを用意するのが大変になります。何かしらの病気や事故などで右半身が上手く機能しなくなると、左アクセスの福祉車両でないと運転できないケースがあります。左アクセスとして運転補助装置が付いている車両であれば、右足が上手く使えなくても運転することができるので、とても便利な存在です。また両足が上手く機能しないような人であれば手動運転の機能が付いている福祉車両であれば、運転することができます。手動運転などの福祉車両を運転しているときに事故を起こしたり、巻き込まれてしまうと福祉車両が破損してしまうので困ってしまいます。そんなときも左アクセスや手動運転の福祉車両を損保代車としてレンタルさせてくれる会社は存在するので、そのような所を頼れば問題を解決できます。
[関連情報:手動運転・アームロール・左アクセス・パッカー車のレンタカー