BUNGUMURA

名入れのボールペンなら「ぶんぐむら」|小ロットにも対応!


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

名入れのボールペンなら「Bungumura(ぶんぐむら)」。最小ロット10本からご注文が可能。人気の国産メーカーから売れ筋ノーブランドまで、豊富なラインナップでご用意しておりますので予算や用途に合わせてお選び頂けます。まずはお気軽にどうぞ。

ノベルティグッズを作って配布するというのは、企業における宣伝広告活動の中では非常によく用いられる方法であり、ある程度の効果が見込める方法でもあります。もっともわかりやすい例としては、宣伝広告のためにチラシを印刷し、それをもって街角に立って配ったとしてもほとんど受け取ってもらえないのに対して、何らかのグッズを用いて作成した場合、遠目に見ても何かを配っていることが分かります。たいていの人がいったい何を配っているのだろうという好奇心や関心を持って近づいてきてくれますし、箱や袋に入れておくことで中身が分からないようになっていれば、余計に何なのかが知りたくて受け取ってくれるという流れです。そのため、ポケットティッシュやボールペンといったあたりがよく用いられるノベルティグッズですが、最近は経費節減のために滅多に作られなくなったとあって、逆に宣伝効果は高まっていると言えるでしょう。特にボールペンに企業の名入れをして作った場合は、消耗品だけあってかなり喜ばれます。仕事はもちろん、日常生活においても絶対に必要な物だけに、なければ買い求めなくてはならないからでで、どうしてもこだわりのキャラクターの物を使いたいという人や、企業の名前が入った宣伝広告のボールペンは使いたくないという人でない限り、大多数の人がこれは助かると感じて使ってくれるアイテムです。ノベルティグッズにもいろいろな物が登場しており、珍しいものを選んで宣伝活動に用いる企業もありますが、仕事をはじめとしてさまざまなシーンになくてはならないボールペンをグッズとして選んで名入れをするのはむしろシンプルです。長引く不況の中で、経費削減のためにノベルティグッズの作成を見送る企業が増えたことから、今ではノベルティグッズの配布そのものが珍しくなってしまったため、もらって得したと感じられる名入れボールペンは、企業の名が入っていても今では逆に好感を持たれる可能性が高まっているといえるでしょう。
[関連情報:名入れ ボールペン