オリジナル紙袋を安く印刷・制作するなら紙袋.com

オリジナル紙袋を格安で印刷・製作するなら「紙袋.com」


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

オリジナル紙袋を格安で印刷・製作するなら「紙袋.com」にお任せ下さい。年間600万枚の製作実績を生かし、オリジナル紙袋を500枚からお作り致します。自社内でお問い合わせからデザイン・印刷・検品・出荷まですべての工程をワンストップでお手伝い。

オリジナル紙袋を製作する上で大切なポイントとして知られているのは、2次元、つまり平面上のデザインをするのではなく、立体的に完成したことを考えたデザイン、つまり3次元を考えて作ることが必要です。紙袋の一番大きな面にイラストを描いて終了ということではなく、側面や取っ手の部分まで考えたオリジナル紙袋を製作することで、仕上がりのイメージがより鮮明となるでしょう。特に取っ手や側面のカラーと、イラストとのイメージを合致させることによって統一感が出て、より美しく仕上げることが可能となります。魅力的なデザインに仕上げたいのであれば、CADを使ってデザインを描くとイメージしやすくなるといわれているため、参考にしてください。また、業者に依頼する前に社内でプリンターを使ってデザイン画を実際に印刷し、組み立ててみることでイメージどおりとなるのかどうか、また、組み立てたデザイン画を社内の人間複数人に見せて、自社のイメージに合う物か、魅力を感じられるものとなるのかを確認してください。複数の人間がコンセプトを聞いて魅力を感じるものや、コンセプトを聞かずに魅力を感じるものの場合には、そのデザインで印刷業者に依頼してください。対して意見が割れた場合、どのデザインとどのデザインで割れたのか、原因を確認し、それらのイメージに共通する物を新たに作ることや、決選投票を行うことも検討しましょう。さりげないこだわりを使うことによって、より魅力を感じられ、意見が明確になることも知られています。注意するポイントとしては、自社のイメージにいくらぴったりだといっても、どこかで見たことがあるようなオリジナル紙袋を製作しないことです。あまりに逸脱しすぎていても問題がありますが、大手企業のデザインと似すぎてしまう場合、トラブルが発生する恐れが高いです。印刷業者に確認を取り、大手企業と似ていないかチェックしてから印刷業者に発注をしましょう。
[関連情報:オリジナル紙袋