通訳案内士試験道場

通訳案内士試験道場(中国語・韓国語地理・歴史・一般常識)


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。

通訳案内士試験には、やや独特な点があります。他の資格試験と違って、幅広い分野の知識が求められるからです。通訳に関する試験ですから、もちろん語学力は求められます。英語やフランス語などの語学力が求められる事だけは確実です。しかし、それだけではありません。通訳案内士試験には、一般常識という分野があります。これは、他の試験とは大きく異なる点の1つです。そもそも資格試験は、1つの分野に特化している傾向があります。英語の試験にしても、幅広い分野の知識が求められるとは限りません。あくまでも英語という分野だけに特化していて、その他の知識は求められない試験も多いです。それだけに英語の試験は、比較的対策しやすい一面もあります。その点、通訳案内士試験は一般常識の知識も求められる訳です。他の資格試験とは、少々異なる点の1つです。ただ通訳案内士試験の一般常識の分野は、対策を施しやすい一面もあります。基本的には、政治と経済に関する知識さえ押さえておけば、特に問題ありません。そもそも高校では、社会科に関する知識も学ぶことになるでしょう。社会科といえば歴史や地理などがありますが、政治経済という科目もあります。上述の通訳の試験は、基本的には政治経済の分野から出題されます。ですから高校の政治経済の知識さえ押さえておけば、高得点を取りやすい分野でもあります。どうやって政治経済の知識を覚えれば良いかというと、基本的には高校の問題集や参考書で構いません。多くの受験生の間で好評な問題集を買っておき、1冊に絞り込んで勉強すると良いでしょう。あまり色々な問題集に手を出してしまうのは、効率は良くありません。また政治経済の場合は、学習用アプリも活用してみると良いでしょう。実際、通訳案内士試験の合格を目指している方々は、よく有料アプリを活用しています。アプリなら外出先でも勉強できますし、とても便利です。暗記をサポートしてくれるアプリもありますし、上手く活用してみると良いでしょう。
[関連情報:通訳案内士試験